スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
わがまま小僧降臨
先日、満二ヶ月と三ヶ月を迎えた籾とヒバケム兄弟。
お注射も終わり、籾とケムリは卒業を待つばかりとなりました。


籾は11月に入ってからの旅立ちを、ケムリは今月中には新しいママ樣の
もとへ旅立つ予定です。


んが。



ママ樣から、可愛い『モンタ』君というお名前を戴いたケムリ。

小さい時は猫一倍の食いしん坊で、誰よりも大きかった彼。

我が家では『関取』とか『セッキー』とか呼ばれていたのですが。



モンタ君のおなかの中にいる、『らせん菌』が増え過ぎてしまい、
一時お薬生活を余儀無くされておりました。


それまで馬肉を食べていたモンタ君、うんPがゆるゆるになってしまったので、
消化を考えて子猫用のペースト御飯に切り替えたところ。



食欲ガタ落ち-_-;;


下痢が続いて体重も落ちてしまって、そのうえ御飯まで食べなくなっては大変!と
手を変え、品を変え色々とチャレンジしてみましたがどうも二口か三口食べると
『いらな~~~い』
とお皿を離れてしまいます。

食欲が無いのかと思いきや、人間の御飯には興味津々、人の御飯時には
テーブルの横に陣取って、くれくれコールを連発する始末。

絶対にやらん!!としても、御飯を食べる様子もナシ。

もしかしてどこか調子が悪いのかと病院に何度も連れて行ってみるも、
特に異常は見当たらず・・・。


ただ、フリーズドライのささ身だけは好んで食べるようなので、
なるべくきれいな身の入っている缶詰を選んで、ささ身をまぜまぜして
ご機嫌をとりつつでしたが、それでもそんなに食欲は増さないし・・・。



おなかは空いてるはずなんです、御飯時になると台所に来て御飯をせがむし、
お腹が空いたと言ってニケママのおっぱにすぐに吸い付くし。

普通、離乳をした子猫はものすごくよく食べるんです。
凄いスピードで成長して行く訳だから、当然なんですが、途中でもうやめなさい!って
位に食べる子も結構多かったりするんですよ。

現に籾とヒバナは死ぬ程食べますしね^-^;;

そんな子猫が御飯をいらないなんていうなんて!!!


も~~、毎日一体何が悪いのかと頭を抱えていたのですよ。

iranai2
モンタ:食べたくありまちぇん・・・。

そうこうしている内に、お腹の薬も終わって、うんPも復活してきたので、
そろそろ馬肉でも復活させようか~~と思いまして。


のちくの購入している馬肉は、ぽのぽのさんの国産冷蔵馬肉です。
以前は違うお店の馬肉を購入していたのですが、冷凍で届くものを
一度解凍して、フードプロセッサーでミンチにしてから更に小分けして
冷凍していたので、鮮度的にはちょっと・・・・、な感じでした。

ただ、冷蔵で到着する馬肉は国産馬肉になり、お値段もはったり。

人用の馬刺の赤身を買わなきゃ駄目なのかな~~と思っていたところに
ぽのぽのさんで国産ものをみつけて以来、ず~~っとそのお肉を使っています。

ただ、冷蔵で届く鮮度のよい商品なので、決められた加工日がくるまで、発送を
待たなくてはいけないのですよ。
注文が入って随時発送出来るのは冷凍商品かドライ商品のみですもんね。
本当なら、残りを見て、在庫分として購入するのですが、仕事が立て込んでたり、
のちくが体調を崩したりしていると購入が遅れて、馬肉空白期間が訪れる訳で。

その間は缶詰やゆでささ身&ドライなどで繋ぐのです。
これ、ケージ組には大変不評なんですけどね(苦笑


で、今回もちょっとごたごたしてて、馬肉空白期間があったわけです。
待ちわびて先日、やっと馬肉が到着♪
カンガルーミートも一緒に届きました。

馬肉はミンチをかけなきゃいけないので、とりあえず最初からミンチ状になっている
カンガルーさんをモンタ君に与えてみると・・・。




超がっついとるし!!!!!



のちく、久々モンタ君が首をふりふりしながら御飯を食べてるところを見ました(涙


一緒に与えたドライは一個も食べなかったけど(それはそれで問題ですが
結構多めにあげたカンガルーさんは見事完食、お代わりをねだっておられますた。




え~~と。


我が家の男どもの伝統を見事受け継ぎ、肉食ボーイです、この子。


うちの主食のニュートロは大っ嫌いで、お皿に入っていると砂掛けしますが、
はにきゅんのママ、のん様から戴いたカリフォルニアナチュラルは結構好きみたい。
ロイヤルカナンのベビーキャットはまあまあ、アボキャットは微妙でした(苦笑
今は肉好きのモンタ君の為に、イノーバとかワイソングとかも試してみたいなとか
考えています。

というか、沢山食べられるものを見つけてあげないと、ママ樣を困らせてしまうのよ(汗

きっと、ニケママと完璧に離れて、他に食べるものがなければ食べてくれるとは
思うんだけど、室内飼育をされている猫さんにとってはお食事も重要な楽しみの一つ。

できれば楽しい、美味しい時間だと感じて欲しいものね。

そしてなるべくなら、流通が安定しており、なおかつここ札幌でも手に入りやすい
良質なフードを気に入ってくれますように。

カ○カンとかフ○スキーとかが好きだと乳母はちょっと悲しいぞ<笑


もしも自然の環境で育っていたら、モンタ君みたいな甘ったれは絶対生き残れない。

大げさかもしれないけど、改めて人の手が加わると言う事が動物の生き方や
本能にも大きく影響するんだと考えさせられちゃいました。

korekore
モンタ:沢山食べれるよ、僕の好きなものだけね!

うう~~ん、なるべく色々食べて欲しいぞ、ばあばは。

初めてにゃんこと暮らすママ樣が、なるべく負担なくモンタ君との甘い生活を
スタート出来る様に、後少しだけど彼とがんばらなくちゃね。

は~~、しかしカンガルーさんか、普通のお店では売ってないよ、モンタ君・・・。

amai
はすねからも言ってやってよ~~<汗
沢山食べなきゃ大きくなれないよ!ってね。



食べ物の好き嫌いが激しい子って結構いるのかなぁ、みんなどうしているんだろ・・・。



とりあえず、何か有るとすぎにニケママのおっぱいに張り付く癖を何とかするのが先決かな。



はああ、困ったもんだ・・・ー”ー










あ、ええとお知らせです。

今週末、10月11日と12日の土日に、北海道小樽でのちくの所属するクラブ主催の
キャットショーが開催されます。

なんと札幌を飛び出して恋人の街(笑)小樽での開催となりました。

お時間のある方、興味の有る方はぜひぜひ遊びにいらして下さいね!
見学、大歓迎ですよ~~♪♪♪

詳細はこちらから
CFA JAPAN REGION OFFICIAL WEB SITE
http://cfajapan.org/

真ん中辺りのショースケジュールという所をクリックするとキャットショーの
当面の予定が出ています。
それぞれの主催キャットクラブをクリックするとショーの詳細が表示されます。

携帯の方の為に、簡単な住所と日時を記載しておきますね。

日時:2008年10月11日(土)・12日(日)
11日  審査開始13:00より
12日 審査開始 10:00より

場所:小樽湾マリーナ
小樽市築港5ー7(石原裕次郎記念館の近くです)

基本出入り自由ですが、出陳されない猫さんは会場に入れません。
また、小さいお子さんをお連れの方はお子さんが待機中の猫さんに触れたり、
審査の妨げにならないよう、十分ご注意下さい。
大きな音をたてたり、駆け回ったりするのは厳禁です> <
あまり遅い時間に見学に入られると審査が終わってしまったりしているので、
開始から2~3時間くらいをめどにした方がいいかも??

ショーを見て、すてきな猫さんを満喫して(笑)小樽の街を散策して帰るのも
楽しいかもしれませんよ~~^0^


のちくは今年も参加予定です、出せる月齢の子がいないので、とりあえず
ギモ君と隅っこの方で小さくなってる予定(笑

前回のショーから1年以上経ってるので、多分惨澹たる有様になると思われますが(涙
遊びにこられましたら、お声をおかけ下さいね~~、大丈夫、齧じりついたりしませんww

色んな方とお会い出来るのを楽しみにしております!





にほんブログ村 猫ブログ ソマリへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ好き嫌い男、モンタ君にぽちっと!
スポンサーサイト

テーマ:*ソマリとの日々* - ジャンル:日記

【2008/10/09 01:11】 | 猫のヘルスケア | コメント(12) |
すなすなと繁殖の事ちょっとだけ
我が家にはソマリのほかに、にゃんこがいます。

今日はその中のだし君。

彼は私の最愛のブランと、我が家のメインクーン、まけり君との愛息子。

私がまだソマブリを志す以前に、どうしてもブランの子が欲しくて生ませた子です。
ほんとはこんな無計画に交配しては駄目です<汗


だし君も今年で7歳、そろそろシニア世代と呼ばれるお年頃になってきました。


だしじょくつろぎ


そんなだし君の様子がなんだかおかしかったのが一昨日の昼間。

前の晩は普通だったのに、その日の昼前からなんだか落ち着きのない様子・・・。


ベッドの隅っこでじっと蹲っていたり、ベッドの下に隠れてみたり・・・。


耳を触ってみましたが、いつもと特には体温は変わらない。
朝はご飯も普通に食べていたし。

ただ、注意してみると、床になんだか点々と水のようなものが落ちています。
拭いてみると黄色い色・・・、おしっこです。

これはちょっとまずい!と、ぷく丸の帰りを待っていつものM動物病院へ急ぎました。





結果は軽度の尿路結石症・・・。

おしっこは出ているので、石がつまっているような緊急事態ではないですが、
絞ってもらった尿の中にはさらさらとした結晶が見て取れます。
きらきらした、細かい砂みたいなのが。

先生には早くに分かって良かったね、と言われましたが・・・。

投薬はなしで、療法食で結晶の改善を図る事にしました。
それとメサジルという尿臭防止のサプリメント。
これは主成分がメチオニンで、目的は尿臭を抑えると言うものですが、
副効果として結石を溶かしたり、改善させたりする効果があります。

あとはみなさんもご存じだと思いますが、たくさんの新鮮な水を
摂取してもらう事。


ただ、だし君、とっても神経質で臆病な子です。
本当はケージに入ってもらっておしっこの回数を正確に把握したいのですが
(水分の摂取量もよく分かるので)、いつもと違う環境におかれると
多大なストレスを感じてしまってご飯を食べようともしません。


しょうがないので、今はリビングで自由にしてもらっています。


ああ~~、それにしても軽度とはいえ、尿路疾患・・・。

年齢的にも確かに気にしなくてはいけない年齢にはなってきてはいるのですが、
原因の一つとしてちょっと太り気味な事もあると思います。

肥満の子は、結石になりやすいんですよね・・・。
結晶が改善したらだし君のダイエットを始めなくては・・・。



食事に気をつけていても、水分をたくさん取ってもらっても、
体質的になりやすい子もいるそうです。生まれつき、少し尿道の細い子も。
だし君は、もしかするとそういった体質を抱えていたのかもしれません。
一概にそれだけではないとは思いますが、彼の今回の発症は、
私の無闇な交配にも起因していると思います。

お店からお迎えした子を繁殖ラインにのせないのは、こういった理由もあるからです。

どんな体質なのか?どんな因子をもっているのか?

その子の表面に現れている特徴は、たくさんの遺伝子の中の、ほんの少しの
要素です。持っているものが全て出てきているわけではありません。

何代も、何代も人の手によって管理された子でないと、次の世代に不幸な
種を持ったラインを知らずに作り上げてしまう事があるんです。


今、生まれている子だけがその種の全てではないからこそ、だからこそ
その子のラインの背景が見えないのであれば、無闇に交配をすべきではない。

絶対に。




かわいいわが子の子供が見たいという気持ちは痛いほどわかります。

ほとんど全てのブリーダーさんが、最初はそんな気持ちでブリーディングにトライされて
いるのだとおもいます。

ただ、可愛いわが子だからこそ、その子の血を引く子の幸せをよく考えるべきでは
ないのでしょうか。どんな因子を持っているのか分からないのに、ただただ
可愛いから、という理由だけで命を扱っていいものでしょうか。


最近、お友達のブログで迷いシュナちゃんの緊急保護の記事を拝見したり、
保健所の殺処分の記事を拝見したりして、私たちブリーダーはもっともっと
生み出した命に責任を持って接して行かなくてはいけないのではないかと
痛感させられました。

ペットショップという場所も、現実今の日本では運命の家族との出会いの場で
ある事は否定できない事実であると思います。

住環境や経済環境から見て、外国のように動物をお迎えするときはショップではなく
ブリーダーからだけ、というのは現在の日本では無理があるでしょう。

それならば、ホビーブリーダーはお店と、お店はブリーダーともっと歩み寄って、
お譲りされて行く動物たちの毎日が幸せであるよう、その最後も全てが幸せと
愛で満たされているよう、何かしら方法を模索して行くべきではないのかな。

譲ったらそれで終わり、ではそれは生き物ではなく、単なる商品となにも変わらない。

命の輪の中に、少しでも手をつけてしまった以上、それなりの責任と覚悟を
持っていないといけない。


私たちが手渡すこの柔らかな生き物たちは、ご家族にとって幸せの種であってほしい。

そのためにはもっともっと、彼等との向き合い方を考えなくては。


このごろ、お店から迎えた子にお見合いさせてとおっしゃられる方が多いので
(かくいう私も最初はそうでした)、敢えてこんな記事を書いてみました。

なんだか支離滅裂でごめんなさい。




ああ~~、とりあえずだし君が早く良くなるようにお水の摂取量を多くしてもらわなくちゃ。
いつもと違うところにおいてある水とは絶対に飲んでくれないくらいに神経質だし・・・。


何か良い方法があれば、アドバイス頂けると嬉しいです<泣




にほんブログ村 猫ブログ ソマリへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ
だしのすなすなが治るように、応援ぽちり、お願いします!

テーマ:*ソマリとの日々* - ジャンル:日記

【2008/06/08 01:27】 | 猫のヘルスケア | コメント(18) |
| ホーム |
そまそま


北の国でソマリと言う猫の小さなキャッテリーを開いています。 たまに子猫が生まれて成長記録等を綴っています。 ソマリが好きな方や、ソマリって何?な方、是非遊びに来てね

プロフィール

のちく

Author:のちく
二十世紀最後の年に最愛のブランと出会い、
それからずっとソマリに夢中です。

ごくごく小規模ですが、
北海道の札幌でソマリ専門の
キャッテリーを開いてます。
たまに誕生するチビソマリを
ご紹介してみたり、
大人ニャン達の日常を
綴ったりしています。

ソマリが好きな方、
ソマリって何??な方、
お友達になって下さいね。


札健動セ登録第 552号
動物取扱責任者 N.TAKANO
事業所の名称 PUKU-CHIQ
事業所の所在地 SAPPORO City
取扱業種別   繁殖(販売)

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

Tree-LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。