スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ありがとう
今日はクリスマスイブですね。

北海道は珍しく暖かな年末、札幌では雪ではなく雨がちらほら。

夜半には多少雪が降るようですがこんなクリスマスは余り有りません。



先日から皆様にご心配頂いた柊チビ。

沢山の方から応援パワーを戴いたお陰でやっと峠を越えたようです。

産まれてすぐは100g弱くらいあった体重が次の日に少し目減りして、
その次の日にもちょっとづつ減っていたチビ助。

柊ママが離れると火がついたみたいに泣いて、柊も少しも休めず産後の
発熱もあってとっても疲れていました。

今おもうと発熱が続いたせいでお乳の出が悪かったのかもしれません。

慌てて哺乳を初めて、何とか体重の下降がストップしたのが4日目位。
生後5日目位からはほんの少しですが体重も増えて来て、
そのあとは教科書通りというよりも急スピードで体重が増えてきました(´▽`)

昨日の時点で、体重は無事に160g程に。


ほんとにほんとに有り難うございました。
今日は柊ママの固いガードをかいくぐり、何とかとれたチビ写真をアップいたします!


ibara1


良く寝ていますね~~、お名前も決まりました。
『いばら』君です。
本当は木へんの漢字で考えていたんですがイメージに合うのが無くて。
産まれた時からちょっと厳しい日々を過ごしたので茨の道から『いばら』君へ。

カラーがとっても濃いルディの男の子です。
女の子だったら残したかったんだけどな<苦笑

そんなわけで、これからはしずくとともに、いばらの成長も綴って行こうとおもいます。


忙しい中コメントを下さった皆さん、本当にありがとうございました。
とっても励まされました!

とりあえずいばらくん、3連発!!



ibara2


ibara3


ibara4





にほんブログ村 猫ブログ ソマリへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ
スポンサーサイト

テーマ:*ソマリとの日々* - ジャンル:日記

【2007/12/24 18:06】 | チビソマ | コメント(2) |
ちいさないのちの灯
いばら2


12月15日、仕事から帰ると柊の産箱から小さな鳴き声が聞こえていました。

そろそろ予定日だな、と考えていた矢先。

慌てて箱の中を覗くとちいさなちいさな茶色いベビーが。

柊にお願いしていたのを彼女が解っていたのか、私が待っていたルディの子猫でした。


母性の強い柊、箱の中を覗く事は許してくれても子猫に触るのは嫌な様子。

ご飯もそこそこ、お水を飲む時も数秒で切り上げてすぐに箱に戻って行きます。

子猫はとても大きな声で柊を呼ぶこ。

少しでもママが居なくなると火がついた様に泣いています。

良かった良かった、元気な子に違いないと思っていたのですが。

今日で生後3日目、産まれて来た時の体重は95gくらい。

今日も体重が変わりません。

かろうじて減ってはいませんが増えないのは異常な事。

鳴き声も力強いですが、余りにも泣き続けるチビ助。

柊のお乳にはなんとか吸い付いている様子ですが、もしかするとお乳の出が
悪いのかもしれません。

流石に母乳だけでは心配なので、ほ乳する事にしました。



せっかくこの世に産まれてきたちいさなちいさな命の灯。

どうかその目で、その耳でこの世界を感じられる様になって欲しい。

私の職場が寒いので、職場に連れて行って哺乳するわけにはいきません。

お家に居る間、どうか柊が小さな命を長らえるよう、助けてあげられる様に。


お兄ちゃんのしずくも、1ニャンで産まれて来て、いろんなコトがあったけどこんなに
大きく、健康に育ったんだもの。
チビも頑張って生きていこう!

そう語りかけています。


頑張れ、頑張れ、頑張れ。

虹の橋のちくろ、吹雪、そして今まで私の所から旅立って行った子達。

どうかチビにパワーを送ってあげてね。




にほんブログ村 猫ブログ ソマリへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ小さな灯にパワーを送って下さいm-_-m

テーマ:*ソマリとの日々* - ジャンル:日記

【2007/12/19 00:40】 | チビソマ | コメント(10) |
っしゃぉらぁぁぁああ!!
え~~。

先日、雫の予防接種が無事に終了いたしますた。

うんP検査も、簡単な健康診断も特に問題なくクリアしたので、日を改めて
ぷく丸運転のマイカーで一路病院へ。


ちうしゃが終わった後も具合が悪くなる事も無く、アレルギー反応が出る事もなく。

無事にオワタんですとも。

しずく足枕

しずく:ボク、イイコにできたでしょ?<ニコ!


・・・・。

そうだね。

特におちっこちびることもなく、同じ待合室にいたウィペット君にふしゃ!と1発かましてね。


ただね。

ばぁばは知ってるんだよ。

ぷくの車の中で大絶叫し続けた事・・・。

途中で心配になってお電話したばぁばだけど、携帯電話越しに凄い声で鳴いてたの、
あれ、しずくだよね・・・。



しずくのママ、ニケは大のケージ&キャリー嫌い。

その癖を知らなかった時は出産を迎えたニケをケージに入れて大失敗したのちく。
それほどにケージ&キャリー嫌いなニケの一粒種、しずくがキャリー好きな訳ないのです。

その日、しずくが入ってたキャリーはいつも御飯時にしずく君が入るキャリー。

子猫御飯は大人御飯のそれよりも匂いがイイらしくて、しずくの子猫ご飯はいつも
オトニャ達に猫視眈々と狙われます。
まだまだ自分のご飯をオトニャンから守れる程強くないしずくのご飯タイムを
守る為に、ご飯を食べる時は彼にそのキャリーに入ってもらいます。

当のキャリーは止め具が壊れていてもう捨てるつもりだった物。
止め具が壊れているお陰で、ご飯が終わったしずくが自力で蓋を開けて
おんもに出れると言う訳で、未だ我が家に置いてある訳ですが。

物心ついてから病院に行くのは初めてのしずく。
首を縫われた時はまだまだ赤ニャンだったので、自分の状況を把握できる訳も無く。
そんなわけで、しずくにとってはほぼ初めての病院と、初めての車移動なのです。

そんな初めてずくしなしずくの為に、いつも入り馴れてるキャリーの方が良かろうと、
ぷく丸は敢えてその壊れたキャリーにしずくを入れて行きました。

もちろん、壊れた止め具のまま移動する訳に行かないので、止め具のところは
とりあえずのガムテープ止め。

準備万端、車もあっためていざ、病院へ。



・・・・とここまでは良かったのですが。

もともとご飯が終わると光速でキャリーから出て来る雫。

車に乗ってすぐ、キャリーの中で『みぁ~~』と鳴いておんもに出たいアピール。

勿論、運転中は危ないので、ぷくはしずくを外には出しません。

『ちっ!つかえねぇデヴめ!』

としずくが言ったかどうかは置いといて、しずくはいつも通りにキャリーの蓋を
小さな頭で押し上げて出ようとした訳ですが。

『こん!』『こんこん!』『ごつん!!』

何度頭を押し付けても蓋は開きません、それも当然、壊れた止め具はぷくによって
ガムテープ固定されてる訳なのですから。

そうなると小さなしずくのおつむは大パニック状態に・・・。

いつもは開く蓋が全然動かない!→一生出れない!

とこんな短絡的な思考だったかは定かではないですが、蓋が開かないと
わかった途端にしずくはこの世の終わりの様に泣きわめき始めたらしく・・・。


電話で話していた時も、それはそれは悲痛な声を上げていました。

しずく足の間で

しずく:だって開かないよって最初に言わなかったぢゃん。

いや、そうだけどさ・・・。

そんなこんなで声も枯らさんばかりに泣きわめいたまま病院に到着、
さぞや小さくなってぶるぶる震えているかと思いきや。


診察台にあがって、獣医の先生に『しゃ~~!!!!』の1発。

しずくの小さな体を保定する看護士さんにも『っしゃぁぁ~~~!!』と1発。

背中をつままれて『しゃあああああ!!!!』

注射を打たれて『っっっっっっっしゃぉらぁぁあああああああ!!!』



・・・・ばぁば、心配になってきました。

こんな病院で怒る子、家じゃ初めてだよ・・・(゚Д゚)

背中を掴まれて怒るのは、多分、ニケに散々齧られ続けて痛い思いをしてるからだとは
わかってはいますが・・・(苦笑

一人っ子で、小さい時から色々痛い目に会ったからって甘やかし過ぎたかなあ。

未だにご飯のあとはお膝に乗せないとむずがってお手手を噛み噛み。

自分が遊んで欲しい時に遊んであげないと、『ん~~みゃっ!みゅっ!にゅにゅ・・・』
とか文句を言ってきます。

しかも先日、王ちゃんのママ、さちさんから戴いたマドレーヌの欠片を食べられてしまって
それからしずくはマドレーヌに夢中になりました(汗

マドレーヌの箱を開けると『きぁ~~♪』って言って飛んできます。

ああ、ヤヴァイ・・・。こんな小さいウチからお菓子の味を覚えさせてしまって(涙

しずくぼんやり

しずく:あ~~あ、またマドレーヌ食べたいでしゅねえ・・・。

ソマリはそれでなくても食欲魔人なのに、こんなで素敵なパパやママと
会うコトが出来るのかな~~(苦笑

来年の2回目のお注射が今から恐いのちくです・・・、とほほ。



にほんブログ村 猫ブログ ソマリへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ怪獣しずくにポチットお願いします・・・(´;ω;`)

テーマ:*ソマリとの日々* - ジャンル:日記

【2007/12/10 01:42】 | チビソマ | トラックバック(0) | コメント(12) |
しずく、独り立ちの準備
ほんとの赤ニャンだったころは、ニケに首を齧られていきなり縫合されたり、
ニケママの授乳時間が短かったせいでいつまでも後ろ足がちゃんと立たなかった雫たん。

来週には生後2ヶ月を迎える程に大きくなって、大変健康優良児になりますた(´▽`)

おトイレも段々覚えて来て、ちょっと前までは所構わずトイレポーズでしたが(汗)、
最近はちゃんと雫用の小さなトイレに入って一人前にちっこもうんちもするように。
まあ、まだ失敗しますけどね。

ご飯も沢山食べてます。

今は馬肉をちょっと加熱したものと、ささ身の茹でた物がブームらしいです(笑

サイエンスダイエットのグロース缶シリーズはそろそろ飽きた模様。

カリカリが嫌いらしく、ふやかそうが、砕こうが、お肉の中に紛れ込ませようが、
器用によけよけしてお食事。
今はいかにしずくにカリカリを食べさせるか思案中です(´▽`;)

一番の仲良しははすねお姉ちゃん。
本当はお嫁入りの予定でしたが、ボディが余りにも小さかったのと、私自身彼女の
子猫のタイプを一度見てみてから考えたい事も有って手元に残す事にした訳です。

そんな小さなはすねと、一番おチビの雫はよい遊び相手のよう。

兄弟の居ない雫にとって、猫同士のおつきあいや、ルール、手加減や危ない事等を
教えてくれる大事なお姉ちゃんです。

そうそう、数日前まで登れなかったソファにも登れる様になりました。
毎日毎日、とととととと!と走って来て、渾身のジャンプ!!そしてぼとり、
を繰り返していましたがついに先日1ニャンでの登頂に成功した模様。

とっても嬉しそうにソファの上で飛んだり跳ねたりしてました。

しずくぺろり

面白い顔してますね(笑
がんがん飛び回って少し疲れたかな?


小さかった歯も、ちょっと立派になって。
ちびらいおん

歯が生えて来てむずむずするのか、今はがじり大王です。
結構痛いんだよね、これが<泣


とても子猫らしくて好きな一枚。
子供顔


細い首とか、幼いマズルとかが全て愛おしいです。
ふわふわな赤ちゃんの毛も相まって、とっても子猫らしい一枚になりました。


そんな中でもちょっと凛々しい表情を覗かせたり。
大人顔


子供だなぁと思っていると、時々どきっとするようなソマリらしい表情をみせたりします。
決して濃い顔ではないけれど、すっきりとした美形ニャンに育ちそう。

シュー君のラインはjjママ様とも良く話しますが、鼻がちょっと太めな子が多いので(笑
たまに面白い顔の子が出てくるのですが(前回の霙君はお鼻がちょっと太めでした)、
雫はすっきりとしたノーズです。
パパソマリが童顔なアルカということもあり、どんな大人ニャンになるのかな~~と
今から楽しみだったりします。




でもやっぱりニケママの傍が一番いいみたいですけどね。
甘えん坊さんめ(笑
うるちゃい!!


親子






さてさて、こんな雫たんですが。

色々考えて新しいパパ様、ママ様を募集する事にいたしました。
詳細はTOP記事に記載しておりますので、甘えん坊雫に運命を感じて下さった方は(笑)
右横に有るメールフォームよりお問い合わせ下さい。

今までののちくのソマリ達の様に、素敵な出会いが有る事を願っております(´▽`)





にほんブログ村 猫ブログ ソマリへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ新しい出会いを願ってぽちっとお願いします(´▽`)

テーマ:*ソマリとの日々* - ジャンル:日記

【2007/12/04 11:34】 | チビソマ | トラックバック(0) | コメント(8) |
| ホーム |
そまそま


北の国でソマリと言う猫の小さなキャッテリーを開いています。 たまに子猫が生まれて成長記録等を綴っています。 ソマリが好きな方や、ソマリって何?な方、是非遊びに来てね

プロフィール

のちく

Author:のちく
二十世紀最後の年に最愛のブランと出会い、
それからずっとソマリに夢中です。

ごくごく小規模ですが、
北海道の札幌でソマリ専門の
キャッテリーを開いてます。
たまに誕生するチビソマリを
ご紹介してみたり、
大人ニャン達の日常を
綴ったりしています。

ソマリが好きな方、
ソマリって何??な方、
お友達になって下さいね。


札健動セ登録第 552号
動物取扱責任者 N.TAKANO
事業所の名称 PUKU-CHIQ
事業所の所在地 SAPPORO City
取扱業種別   繁殖(販売)

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

Tree-LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。