繋がるということ、出会うこと。
シュー君の旅立ちへ、皆様からの温かいコメントを戴きまして本当に有難うございました。

シュー君が旅立って随分日が経ちました。
まだまだ寂しさも、後悔も残っていますが、彼の残してくれた素晴らしい子供達、
そして素晴らしい出会いを大切に、気持ちも新たに毎日をまた頑張ろうと思います。

御心配を戴いた皆様、諸先輩方、またこれからも今まで以上に頑張ろうと思いますので
よろしくお願い致しますね。




シュー君が旅立って数日の間。
何だか何もする気が起きず、何も考える気にもならず・・・。

長く一緒に暮らした子との別れと言うのは、心が千切られるような痛みを伴いますね。

笑ったり、怒ったり、喜んだり、落ち込んだり。

積み重ねた物が多ければ多い程、その痛みは大きいのかもしれません。

シュー君との暮らしは数年だったけれど、彼の遺した物はとてもとても
私には大きかったようでした。

主の居ない、空っぽなケージを見ては、シュー君の元気だった頃の姿を思い返し。

呼びかける時の甘えたような大きい声とか、爪切りの時にはいやがって
私の腕の間に頭を押し込んでみたりして、その愛らしさに笑ったりした事とか。

抱っこをすると、前足を私の首にぎゅっと回してきて、ぷく丸に
『シュー君はかあちゃんが好きだねえ』
と言われてちょっと嬉しかった事とか。

そんな風に、シュー君と日々を過ごす事はもうないんだなあ、とぼんやりした頭で
考えながら膝で眠る彼の孫猫、ヒバナの背中を黙って何度もなでました。

少し前から、ヒバナのご家族を募集していたのは皆様ご存じだったと思いますが
シュー君とお別れしてから、その日までに私は彼を手元に遺す事を決めていました。


シュー君を亡くして、またヒバナとお別れする事が寂しくて寂しくて
シュー君を失った事で出来てしまった隙間を、彼の面影を残した
ヒバナで埋めようとしていたのかもしれません。

ニケママの最初の大失敗に終わってしまった出産から、彼女には
今までレッドの子が産まれる事がありませんでした。

そんな中、シュー君が亡くなってしまった今、久々に産まれたニケの
レッドの男の子、これはきっと私の手元に残るべくして残っているのだって。

私は我侭で頑固なので(苦笑)、子猫達のご家族には、何か感じる物が無いと
お譲りをお断りしてしまう事がほとんどです。

別にどんな基準が有る訳でもないですが、子猫達の本当のパパやママって
お会いするとパズルのピースがはまるみたいに、ぴたっとくるんです。

そして今回はそんなぴたっとくる感じの方とも特にお会いする事も無く、
私が残したいと思っている気持ちも手伝って、お話が纏る事も無く。


そしてシュー君が亡くなって3日目、私はヒバナのご家族募集の記事を
下げる決心をしました。

どこか小さい頃のシュー君の面影を残したヒバナ。

彼を精いっぱい幸せにする事が、シュー君への罪滅ぼしになるような、
そんな歪んだ気持ちがありました。





でも、そんな私の心を、猫の国へ帰って行った子供達はちゃんと
見ていたのですね。


誰かが誰かの代わりになんてならない事。
そして今まで、居なくなってしまった子達の代わりになった子なんて居ない事。
お母さん、ちゃんとその事、思い出してって、メッセージを送ってくれました。


まさにヒバナの記事を下げる為にPCを開いた時、お友達から一通のお便り。

それは以前から柊のファンですって仰って頂いている方からのお便りでした。
次の柊の交配を待って、産まれて来る子をご紹介しますねってお約束していて。

どうしたのかな?って開いて驚いた事。

それはヒバナ君へのラブレターだったことでした。

正直、本当に驚いて最初はもう、頭の中が!?マークだらけに(笑

でもそれと同時に、ああって思ってしまいました。

この人が、ヒバナのママになる方だって、分かってしまったの。


別に私は超能力が有る訳じゃないし(苦笑)、スピリチュアルな事に
造詣が深い訳でも興味が有る訳でもないですが。

それでもチビ達の本当のご家族に有った時の、あの、ぴたっと来る感じだけは
しっかりと、はっきりと分かってしまう物なんです。

最初はとっても迷った事、柊の子が、って私に言ってたのに、
何だか浮気してるみたいな気持ちになった事(笑、それに猫と暮らす事が
初めてのママ樣が、はたしてヒバナ君のママになる事が出来るだろうかってこと。

お便りにはそんなママ樣からの正直な気持ちが一生懸命綴られていました。

うんうん、わかりますよ、迷う気持ちも、悩む気持ちも、とってもよく。

でもね。

でも、大丈夫。

だって、貴方がヒバナのママになる人ですよ。

どんな事も、運命のご家族には、ちゃんと乗り越えて行けるんです。



辛いお別れの後に、新しい、素敵な出会いをプレゼントしてくれて
本当に有難うございますってママ様には心の底からそう思いました。

そして、ヒバナと私の道が、同じ道ではない事に気付かせてくれて
本当に本当に有難う。



ママ樣が、あと1日でも長く悩んで私の所へのお便りが遅れていたら。

その前に私はヒバナの御家族募集の記事を下げていたでしょう。

でも子供達の小さな手から伸びる、見えないけれど強い、しっかりとした
運命の糸は、乳母の思惑なんかではどうこうできないんだなあ。

ぴたっとくる、と書きましたが、それはチビ達が、私に
『その人だよ!』
ってサインを送っている時なのかもしれませんね。

本当に、出会いと言うのはなんとも不思議なものですね。
そして見えないけれど、運命と言うもの、御縁というものはちゃんと
存在するのだと今回、改めて考えさせられたのです。



そんなわけで、ニケママにとってもよく似た、私もぷく丸もぞっこんの
チーム・シューのホープ(笑)ヒバナ君。

卒業する事が決まりました。

旅立ちは12月、クリスマスの頃。

それまでもう少しの間、ちょっとだけ寂しいのちくの手元でその日を待ちます。


dust03

ゴミ箱に入ってご満悦のヒバナ(苦笑
モンタ君も籾姉ちゃんも居ない今、我が家はヒバナの一人勝ち^-^;;
日々暴虐の限りを尽くしてお兄ちゃん、お姉ちゃん達を翻弄しています。


???110205

とても印象的な目元、このきょとんとしたような大きな瞳が大好きな私です。

乳母の思惑に負けず(笑)、運命のご家族との出会いを引き寄せたヒバナ君。
大人になった彼は、どんなソマリになるのでしょう。

できれば、シューお祖父ちゃんのように、沢山の笑顔をパパやママに
プレゼント出来る子になって欲しいと思います。

卒業まであと1ヶ月、もう少し乳母と一緒に居てね^-^






大人になる、といえば、先日のんママ樣のご好意の甘えて、
大人になったハニー君に在ってきました^o^

???????
小さかった頃のハニー君。あの頃もとっても可愛かったけど・・・。




honey01
大きくなったら、こんなオトコらしいハンサム君になってました!きゃ~~~≧∀≦
もふもふ!もふもふ!!


honey05
こんな顔は柊ママの顔だね~~、ちょっとはすねにも似た表情です。

それにしても立派な毛吹き・・・。
尻尾なんて私の腕より太い感じでした、もふもふもふもふ・・・・。



honey04
美しい、深みのあるルディーカラーはまさしくシュー君の美しい毛色のおかげ。
この写真なんてとってもオトコらしくて、とってもゴージャスです。
ゴージャス王子!




は~~、それにしてもギモ君と、ハニたんは世代は違いますが全くの兄弟です。
ままもぱぱも一緒のカラー違いの男の子同士。




なのに何故、こんなに毛吹きが違うの・・・っ!!!!
本当に、ギモ君の3倍、いや5倍くらいの毛がありました、
羨ましい、うう、妬ましい・・・<ヲイ


のんママお手製の鍋を食い散らかし、プリンを食い散らかし、ハニ王子を堪能し、
ぷく丸は怪しい奴と認定され、王子から猫生初のしゃげ~!をプレゼントして頂きw
山賊の様にのんママ樣宅を荒らして帰って参りました。

いや~~、楽しかった<鬼畜
これに懲りずに、また遊びに伺わせて下さい。
いやいや、今度は我が家でもやりましょう、ハム&サラミ&チーズパーティーにしましょう。
王子には怒らせてゴメンねってお伝え下さい、ひーパパにはぜひぜひ、次は
コーヒーをごちそうして下さいとお伝え下さい<図々しい



沢山沢山、大事にされて、てんこもりに愛情を注いで頂いているのが丸わかりでした。
ほんとにほんとに、有難うです。




こうして、大きくなった子供達に会わせて戴ける事、本当に感謝しています。








おお~~い、虹の橋から見えるかな、シュー君。

シュー君の残してくれた子供達はとっても幸せにしてもらっているよ。
そしてママやパパも、きっと子供達から笑顔を沢山貰ってくれていると思うよ。

君が頑張ってくれたおかげだよ、ほんとうに、お疲れ様でした。
今はどうか、ゆっくり、のんびり、そちらで休んでいて下さいね。

そして、いつかまた会える日にはたくさんたくさん、お母さんと遊んでね。
それまでちょっとだけ、ちくろ君達と仲良く待ってて下さいね。





にほんブログ村 猫ブログ ソマリへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ運命のママを引き寄せたヒバナと、ハンサムなハニ王子にぽちっと♪
スポンサーサイト

テーマ:*ソマリとの日々* - ジャンル:日記

【2008/11/20 19:36】 | ソマリ&日々徒然 | コメント(16) |
今回の募集は終了致しました。
新しいご家族が決まりました、有難うございました。




1022hibana

hibana1003


幼名:ヒバナ
誕生日:2008年7月25日
性別:男の子
毛色:レッド


今回ご家族を募集させて頂いたヒバナ君は新しいご家族が決まりました。
沢山のお問い合わせ、有難うございました。

次回は柊ちゃんとアルカ君の年末から来年初頭にかけての交配を予定しております。




にほんブログ村 猫ブログ ソマリへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ

テーマ:*ソマリとの日々* - ジャンル:日記

【2008/11/09 22:38】 | 子猫譲渡 | コメント(10) |
2つの旅立ち
少し間があいてしまいましたが。

先日、11月2日の日曜日。

皆さんに沢山可愛がって頂いたもみたんがとうとう卒業致しました。

もみたんの運命のママ樣は、
『もみたんに私がママでいいか、聞かなくちゃ!』
とおっしゃって、あっという間に北海道行きを決めてしまった行動派の素敵な女性です。

そして同行してらっしゃったもみたんのパパさんはと~~っても優しそうなパパ。
笑うと本当に優しいお顔で、私もぷく丸もついついつられて笑顔になってしまうような
そんな素敵なパパ樣です。


お忙しい中を、1泊2日の強行軍で札幌まで来て頂いて、無事に我が家の猫達と
会って頂く事ができました、我が家の女の子はみんなパパ樣が好きみたい(笑
一生懸命くっついていって猛アピールしていましたよw


少しの間、我が家でお話ししてお夕飯をご一緒して頂きました♪

ママ樣はとってもスタイルが良くて、そしてとっても気配り上手な素敵な女性でした、
のちくはオヤジのように飲んだくれてるだけ~~(爆

パパ樣がいけるクチでしたので(笑)お酒も入ってお話も弾み、あっというまに
時間がたちました。何だか初めてお会いしたような気がしなかったのちく。


もみたんを待っていてくれるお家には、とっても素敵なブルーソマリ
お兄ちゃんが居ます、名前も格好良くて、お目めぱっちりのハンサムさん♪

ママ樣はと~~ってもお兄ちゃんを大事にしてらっしゃって、そんな所に
のちくも惚れてしまったりw


正直、本当に最後までお譲りするか、お残しになるか迷っていたのちくでしたので、
中途半端な妥協もしたくなかったのです。

可愛い可愛い孫ニャン、はっちゅの初めての子、籾。

密かにお知り合いで、しかもソマリストで、甘えん坊なもみを沢山可愛がってくれる
そんな環境の方をず~~っと望んでいたの(あざといなあ・・・

そんな中で、本当に偶然にもママ樣と出会い、お話をさせて頂くことが出来て、もうもう
この方なら安心して籾を送り出せるわって確信したのです。


ママ樣、パパ樣、本当に籾を見つけてくれて有難うございました。
もみののばした赤い糸に気付いてくれて本当に本当にありがとう。


もみ寝姿
本当は2ニャンで産まれてくるはずだったもみたん。
とっても小さくて、1べびだったから、寒くないかしら、寂しくないかしらって
毎日箱を覗いていた事を思い出します。

不思議顔もみ
無事にお目めが開いて、ちょっとずつ離乳も始まって、1にゃんでお部屋を
もにょもにょと探険し始めた時には感動したなあ・・・。

たばこともみ
こんなにちっちゃかったのかと笑ってしまった写真。煙草2箱分くらいかなあw

0826
ヒバナとケムリが一緒に遊べる様になるまでは、君があんなお転婆だなんて
気が付かなかったよ(笑


弟分が2にゃん産まれてからは、一気にお姉ちゃんらしくなったもみたん。
毎日毎日弾丸みたいに追いかけっこして、ちびたちを抱えて毛繕いしてたことを
今でも思い出します。やんちゃで弟たちを転がして遊んでいたけれど、
ちゃんとお姉ちゃんらしいところがあったこと、のちくはちゃぁんと知ってたよ。



旅立ちを迎えたチビにゃんたち全てに思います。


どうかどうか、この小さな命達が一日でも長くこの世界を謳歌出来ますように。

願わくば、毎日が幸せと楽しさに満ちあふれています様に。

そしてあなたたちを見つけてくれたパパやママに素敵な笑顔をプレゼント出来る
そんな存在でありますように。
私が手渡すこの小さな生き物が、幸せのバトンである様にと願いつつ。


1102momi
どうか元気で暮らしてね。
その大きな瞳で、沢山楽しい事を見つめて下さいね。

卒業、おめでとう。
大人になった君に会うのが、今からとても楽しみです。


産まれる前から皆さんに見守って頂いた小さな台風、もみたん。
無事に運命のご家族と巡り会い、卒業する事ができました。
皆さんから沢山注いで頂いた愛情や優しい気持ち、きっとそれを種にして
籾は素敵な幸せの花を咲かせてくれると信じています。
本当に、有難うございました。






11月2日に旅立った籾を見送った後。

私にはもう一つの辛い別れがありました。


無事にお家に着いた籾をみて安心したのでしょうか。

この子が君の最後の子だよって言葉を聞いて、役目を終えたと思ったのでしょうか。

籾のパパにゃん、シュトーレン君が4日になったばかりの真夜中、
私の腕の中で虹の橋を渡りました。


あと20日もすれば彼のお誕生日でした。

はすねとの交配を最後に、去勢してゆっくりと引退生活を送るはずでした。

それがもみが産まれて少ししてから、シュー君の調子は坂を転がる様に悪化しました。
働きが弱い、と言われた腸の機能は最期には全く働かなくなってしまいました。


最後の数日は栄養点滴と強心剤や血圧をあげるお薬を点滴する日々でした。

最後まで、とっても聞き分けが良くて賢くて優しかったシュー君。

辛かったはずなのに、通院しても怒る事は一回もなかったね。

頑張らせてごめんね。

本当はもっと早く楽になりたかったのかな。

大好きだったjjさんの元に、帰してあげたかった。

今は虹の橋から、シュー君の大好きなjjさんを見つめているのかな。


君の子供達は、色んな所で幸せの花を咲かせています。

私が本格的にソマリをブリーディングしたいと思ったのも、君の息子のカッツ君に
会う事ができたからなんだよ。

とってもとっても優しい気持ちを持った君の血を残す事が、
私にも出来るだろうかってそう思ったんだよ。


ごめんね。
助けてあげられなくてごめんね。

私に夢を見せてくれた君に、何も返す事が出来ないままお別れしてしまった。

本当に本当にごめんなさい。

でも本当に君の事が大好きだったんだ。



君を猫の国へ返す日、jjさんからメールが来た。

『最期までシュー君を愛してくれて有難う』

普段、涙なんか流す事はないけど、さすがに涙が出た。

jjさん、シュー君に可愛いピンクのお花を添えてあげてねって。
そして有難うって伝えてあげて下さいねって。

jjさん、私の我侭を聞いて、シュー君を託してくれて有難うございました。
こんなに早く旅立たせてしまって本当にごめんなさい。
jjさんが助け出した命、もっともっと長く素敵な毎日を送らせてあげたかった。


今はただ、私たちに素晴らしい夢を見せてくれて、素敵な子達を沢山残してくれた
シュー君が猫の国でもう痛い思いも、辛い思いもせずに居てくれたらいいなと思うよ。

シュー君

有難う、シュー君。
本当に本当に、大好きだったよ。



にほんブログ村 猫ブログ ソマリへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ

テーマ:*ソマリとの日々* - ジャンル:日記

【2008/11/08 00:40】 | ソマリ&日々徒然 | コメント(22) |
| ホーム |
そまそま


北の国でソマリと言う猫の小さなキャッテリーを開いています。 たまに子猫が生まれて成長記録等を綴っています。 ソマリが好きな方や、ソマリって何?な方、是非遊びに来てね

プロフィール

のちく

Author:のちく
二十世紀最後の年に最愛のブランと出会い、
それからずっとソマリに夢中です。

ごくごく小規模ですが、
北海道の札幌でソマリ専門の
キャッテリーを開いてます。
たまに誕生するチビソマリを
ご紹介してみたり、
大人ニャン達の日常を
綴ったりしています。

ソマリが好きな方、
ソマリって何??な方、
お友達になって下さいね。


札健動セ登録第 552号
動物取扱責任者 N.TAKANO
事業所の名称 PUKU-CHIQ
事業所の所在地 SAPPORO City
取扱業種別   繁殖(販売)

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

Tree-LINK

ブログ内検索

RSSフィード