スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
虹の橋へ
先日、去年の初春に生まれた吹雪を家族に迎えてくれた方からメールを戴きました。

そろそろ秋を向かえ、大きくなったろうかと。
お兄ちゃんの霙君の様に素敵なソマリになっているだろうかと。

今年のお正月に戴いた写真はまだまだ幼さを残した表情で、どんな大人になっているのか
とても楽しみに思って開いたメール。

でもそこにはとても悲しいお知らせが綴られていました。



吹雪は今年の8月に、虹の橋を渡ったそうです。


不慮の事故でした。


メールを下さったパパさんは、悔やんでも悔やみきれないと。

そして彼女を一番に可愛がってくれていた小さな息子さんの落胆が痛い程伝わってきました。


生き物の命の長さは、きっと私達人間の見知らぬところで、決まっているのだろうけれど。
それが不意の別れや、病に苦しんでの別れには想像を絶する悲しみと後悔が
付きまとうのです。


私が初めてこの世に取り上げたソマリの小さな女の子、吹雪。

送られて来るその表情からは沢山の愛と優しさを注がれているコトが伝わってきました。

たくさん、たくさん愛と幸せを戴いて、沢山のきらきらした思い出を残して、
あっという間に猫の神様の所へ帰ってしまいました。


きっと、たくさんの優しさを戴いた事、他の子よりも早く猫の神様に報告したく
なってしまったのかもしれません。


今はまだ、悲しみしか心に残りませんが、いつか吹雪のご家族が、彼女の思い出を
笑顔とともに語れる日が来る事を心から願っています。



そして、いつの日かまた、彼女の命の欠片を持った小さなソマリを、
どうか私のこの手でこの世に取り上げるコトができますように。


この場を借りて、パパ様、ママ様、お兄ちゃんへ。

吹雪を可愛がっていただいて、本当に本当に有難うございました。
どうかご自分を責める事無く駆け足でその命を全うしてしまった彼女の事を
時々思い出してあげて下さいね。

きっと今頃、今度はどこに行こうかな、なんて虹の橋で考えているのかな。

出来ればもうすぐ生まれて来る、貴方の弟か妹のなかに、そっと隠れて
私の所へでておいで。


さようなら、吹雪。


見返り










にほんブログ村 猫ブログ ソマリへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ
スポンサーサイト

テーマ:*ソマリとの日々* - ジャンル:日記

【2007/10/04 23:05】 | 子猫譲渡 | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<未だ始まらず・・・ | ホーム | ニケニケ近況>>
コメント
不慮の事故で、突然吹雪ちゃんを亡くされたオーナーさんご一家のお辛いお気持ちと
のちくさんの、悲しい悲しいお気持ち、お察しします。
吹雪ちゃん、ほんとうに残念でしたね。
なんだか、うまく言葉がてできません。
吹雪ちゃんが虹の橋で、いっぱい新しいおともだちをつくれるよう、祈っています。
そしてもう何も心配することなく、思いきり、遊んでね。
【2007/10/05 04:10】 URL | chizu7171 #.8bT96/M[ 編集]
吹雪ちゃん、とても残念ですね。
私も、突然の別れは私も経験したことがありますが、吹雪ちゃんのご家族のことを思うと、とても辛いです。
きっとまだ、自分を責めることしか出来ないと思いますが、早く楽しかった日々を思い出せるようになって欲しいですね。

神様、吹雪ちゃんのこと早く手元に置きたいからって、こんなに早く呼んじゃだめじゃない。。
【2007/10/06 21:02】 URL | いりんぼ #-[ 編集]
**Ruddyママさま**

本当に突然の出来事で、お知らせしてくれたご家族の事を思うと切なくて切なくて・・・。

手放した以上、その子の猫生はもう私と交わる事も無く、私も見守る事しか出来ないけれど、それでももう少しだけ、優しいお別れだったらなと思います。

今頃はきっと虹の橋のたもとで、もうすぐ生まれて来る弟妹達を見守ってくれていると思います。
優しいお言葉を、本当に有り難うございます。


**いりんぼさま**

別れと言うのは誰の上にも平等に訪れて、それは逃れられない物ですが、もうすこしだけ穏やかにゆっくりと訪れて欲しかったです・・・。

残されたご家族がどんなお気持ちでいらっしゃるのかと思うと胸が苦しくなります。

それでも、きっと今頃は虹の橋を渡って、痛かった事も、苦しかった事も忘れてお友達と遊んでくれているといいなと思います。

今度生まれて来る子は、できればのんびりとこの世界を楽しんでくれるといいな・・・。

コメント、有り難うございました。
嬉しかったです^-^
【2007/10/07 20:25】 URL | のちく #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pukuchiq.blog108.fc2.com/tb.php/6-bee2f03a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
そまそま


北の国でソマリと言う猫の小さなキャッテリーを開いています。 たまに子猫が生まれて成長記録等を綴っています。 ソマリが好きな方や、ソマリって何?な方、是非遊びに来てね

プロフィール

のちく

Author:のちく
二十世紀最後の年に最愛のブランと出会い、
それからずっとソマリに夢中です。

ごくごく小規模ですが、
北海道の札幌でソマリ専門の
キャッテリーを開いてます。
たまに誕生するチビソマリを
ご紹介してみたり、
大人ニャン達の日常を
綴ったりしています。

ソマリが好きな方、
ソマリって何??な方、
お友達になって下さいね。


札健動セ登録第 552号
動物取扱責任者 N.TAKANO
事業所の名称 PUKU-CHIQ
事業所の所在地 SAPPORO City
取扱業種別   繁殖(販売)

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

Tree-LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。