スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
繋がるということ、出会うこと。
シュー君の旅立ちへ、皆様からの温かいコメントを戴きまして本当に有難うございました。

シュー君が旅立って随分日が経ちました。
まだまだ寂しさも、後悔も残っていますが、彼の残してくれた素晴らしい子供達、
そして素晴らしい出会いを大切に、気持ちも新たに毎日をまた頑張ろうと思います。

御心配を戴いた皆様、諸先輩方、またこれからも今まで以上に頑張ろうと思いますので
よろしくお願い致しますね。




シュー君が旅立って数日の間。
何だか何もする気が起きず、何も考える気にもならず・・・。

長く一緒に暮らした子との別れと言うのは、心が千切られるような痛みを伴いますね。

笑ったり、怒ったり、喜んだり、落ち込んだり。

積み重ねた物が多ければ多い程、その痛みは大きいのかもしれません。

シュー君との暮らしは数年だったけれど、彼の遺した物はとてもとても
私には大きかったようでした。

主の居ない、空っぽなケージを見ては、シュー君の元気だった頃の姿を思い返し。

呼びかける時の甘えたような大きい声とか、爪切りの時にはいやがって
私の腕の間に頭を押し込んでみたりして、その愛らしさに笑ったりした事とか。

抱っこをすると、前足を私の首にぎゅっと回してきて、ぷく丸に
『シュー君はかあちゃんが好きだねえ』
と言われてちょっと嬉しかった事とか。

そんな風に、シュー君と日々を過ごす事はもうないんだなあ、とぼんやりした頭で
考えながら膝で眠る彼の孫猫、ヒバナの背中を黙って何度もなでました。

少し前から、ヒバナのご家族を募集していたのは皆様ご存じだったと思いますが
シュー君とお別れしてから、その日までに私は彼を手元に遺す事を決めていました。


シュー君を亡くして、またヒバナとお別れする事が寂しくて寂しくて
シュー君を失った事で出来てしまった隙間を、彼の面影を残した
ヒバナで埋めようとしていたのかもしれません。

ニケママの最初の大失敗に終わってしまった出産から、彼女には
今までレッドの子が産まれる事がありませんでした。

そんな中、シュー君が亡くなってしまった今、久々に産まれたニケの
レッドの男の子、これはきっと私の手元に残るべくして残っているのだって。

私は我侭で頑固なので(苦笑)、子猫達のご家族には、何か感じる物が無いと
お譲りをお断りしてしまう事がほとんどです。

別にどんな基準が有る訳でもないですが、子猫達の本当のパパやママって
お会いするとパズルのピースがはまるみたいに、ぴたっとくるんです。

そして今回はそんなぴたっとくる感じの方とも特にお会いする事も無く、
私が残したいと思っている気持ちも手伝って、お話が纏る事も無く。


そしてシュー君が亡くなって3日目、私はヒバナのご家族募集の記事を
下げる決心をしました。

どこか小さい頃のシュー君の面影を残したヒバナ。

彼を精いっぱい幸せにする事が、シュー君への罪滅ぼしになるような、
そんな歪んだ気持ちがありました。





でも、そんな私の心を、猫の国へ帰って行った子供達はちゃんと
見ていたのですね。


誰かが誰かの代わりになんてならない事。
そして今まで、居なくなってしまった子達の代わりになった子なんて居ない事。
お母さん、ちゃんとその事、思い出してって、メッセージを送ってくれました。


まさにヒバナの記事を下げる為にPCを開いた時、お友達から一通のお便り。

それは以前から柊のファンですって仰って頂いている方からのお便りでした。
次の柊の交配を待って、産まれて来る子をご紹介しますねってお約束していて。

どうしたのかな?って開いて驚いた事。

それはヒバナ君へのラブレターだったことでした。

正直、本当に驚いて最初はもう、頭の中が!?マークだらけに(笑

でもそれと同時に、ああって思ってしまいました。

この人が、ヒバナのママになる方だって、分かってしまったの。


別に私は超能力が有る訳じゃないし(苦笑)、スピリチュアルな事に
造詣が深い訳でも興味が有る訳でもないですが。

それでもチビ達の本当のご家族に有った時の、あの、ぴたっと来る感じだけは
しっかりと、はっきりと分かってしまう物なんです。

最初はとっても迷った事、柊の子が、って私に言ってたのに、
何だか浮気してるみたいな気持ちになった事(笑、それに猫と暮らす事が
初めてのママ樣が、はたしてヒバナ君のママになる事が出来るだろうかってこと。

お便りにはそんなママ樣からの正直な気持ちが一生懸命綴られていました。

うんうん、わかりますよ、迷う気持ちも、悩む気持ちも、とってもよく。

でもね。

でも、大丈夫。

だって、貴方がヒバナのママになる人ですよ。

どんな事も、運命のご家族には、ちゃんと乗り越えて行けるんです。



辛いお別れの後に、新しい、素敵な出会いをプレゼントしてくれて
本当に有難うございますってママ様には心の底からそう思いました。

そして、ヒバナと私の道が、同じ道ではない事に気付かせてくれて
本当に本当に有難う。



ママ樣が、あと1日でも長く悩んで私の所へのお便りが遅れていたら。

その前に私はヒバナの御家族募集の記事を下げていたでしょう。

でも子供達の小さな手から伸びる、見えないけれど強い、しっかりとした
運命の糸は、乳母の思惑なんかではどうこうできないんだなあ。

ぴたっとくる、と書きましたが、それはチビ達が、私に
『その人だよ!』
ってサインを送っている時なのかもしれませんね。

本当に、出会いと言うのはなんとも不思議なものですね。
そして見えないけれど、運命と言うもの、御縁というものはちゃんと
存在するのだと今回、改めて考えさせられたのです。



そんなわけで、ニケママにとってもよく似た、私もぷく丸もぞっこんの
チーム・シューのホープ(笑)ヒバナ君。

卒業する事が決まりました。

旅立ちは12月、クリスマスの頃。

それまでもう少しの間、ちょっとだけ寂しいのちくの手元でその日を待ちます。


dust03

ゴミ箱に入ってご満悦のヒバナ(苦笑
モンタ君も籾姉ちゃんも居ない今、我が家はヒバナの一人勝ち^-^;;
日々暴虐の限りを尽くしてお兄ちゃん、お姉ちゃん達を翻弄しています。


???110205

とても印象的な目元、このきょとんとしたような大きな瞳が大好きな私です。

乳母の思惑に負けず(笑)、運命のご家族との出会いを引き寄せたヒバナ君。
大人になった彼は、どんなソマリになるのでしょう。

できれば、シューお祖父ちゃんのように、沢山の笑顔をパパやママに
プレゼント出来る子になって欲しいと思います。

卒業まであと1ヶ月、もう少し乳母と一緒に居てね^-^






大人になる、といえば、先日のんママ樣のご好意の甘えて、
大人になったハニー君に在ってきました^o^

???????
小さかった頃のハニー君。あの頃もとっても可愛かったけど・・・。




honey01
大きくなったら、こんなオトコらしいハンサム君になってました!きゃ~~~≧∀≦
もふもふ!もふもふ!!


honey05
こんな顔は柊ママの顔だね~~、ちょっとはすねにも似た表情です。

それにしても立派な毛吹き・・・。
尻尾なんて私の腕より太い感じでした、もふもふもふもふ・・・・。



honey04
美しい、深みのあるルディーカラーはまさしくシュー君の美しい毛色のおかげ。
この写真なんてとってもオトコらしくて、とってもゴージャスです。
ゴージャス王子!




は~~、それにしてもギモ君と、ハニたんは世代は違いますが全くの兄弟です。
ままもぱぱも一緒のカラー違いの男の子同士。




なのに何故、こんなに毛吹きが違うの・・・っ!!!!
本当に、ギモ君の3倍、いや5倍くらいの毛がありました、
羨ましい、うう、妬ましい・・・<ヲイ


のんママお手製の鍋を食い散らかし、プリンを食い散らかし、ハニ王子を堪能し、
ぷく丸は怪しい奴と認定され、王子から猫生初のしゃげ~!をプレゼントして頂きw
山賊の様にのんママ樣宅を荒らして帰って参りました。

いや~~、楽しかった<鬼畜
これに懲りずに、また遊びに伺わせて下さい。
いやいや、今度は我が家でもやりましょう、ハム&サラミ&チーズパーティーにしましょう。
王子には怒らせてゴメンねってお伝え下さい、ひーパパにはぜひぜひ、次は
コーヒーをごちそうして下さいとお伝え下さい<図々しい



沢山沢山、大事にされて、てんこもりに愛情を注いで頂いているのが丸わかりでした。
ほんとにほんとに、有難うです。




こうして、大きくなった子供達に会わせて戴ける事、本当に感謝しています。








おお~~い、虹の橋から見えるかな、シュー君。

シュー君の残してくれた子供達はとっても幸せにしてもらっているよ。
そしてママやパパも、きっと子供達から笑顔を沢山貰ってくれていると思うよ。

君が頑張ってくれたおかげだよ、ほんとうに、お疲れ様でした。
今はどうか、ゆっくり、のんびり、そちらで休んでいて下さいね。

そして、いつかまた会える日にはたくさんたくさん、お母さんと遊んでね。
それまでちょっとだけ、ちくろ君達と仲良く待ってて下さいね。





にほんブログ村 猫ブログ ソマリへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ運命のママを引き寄せたヒバナと、ハンサムなハニ王子にぽちっと♪
スポンサーサイト

テーマ:*ソマリとの日々* - ジャンル:日記

【2008/11/20 19:36】 | ソマリ&日々徒然 | コメント(16) |
<<姫君降臨!!! | ホーム | 今回の募集は終了致しました。>>
コメント
ヒバナ君がクリスマスプレゼントなんて、なんて幸せなママ様&なんて素敵サンタなんでしょうぷくちくファミリーは!

シュー君へたどる糸、のちくさんの手元にはもうあるから、ヒバナ君は今度は他の人にその糸を伸ばして、幸せを分かち合いに行くことにしたのかもしれませんね。


私も、自分がブリーダーさんにティムを譲っていただいたときのことを思い出してしまいました (^-^)
引き寄せられてしまうんですよねぇ・・・。

卒業までの王子修行、目一杯楽しんでください♪
【2008/11/21 01:32】 URL | Sui #k96R3Y0s[ 編集]
読めば読むほど、うんうんと頷く今回の記事。
他の子では埋められない、代わりなんていないと改めて感じました。

うちには昔、エイズ&白血病のWキャリアで隔離して保護していたグーちゃんという子がいました。過去形なのは、もうグーちゃんはお星様になっちゃったから。当時の私は短大の卒論の締め切りの直前で、猫のことなんてほとんどしていませんでした。すごくすごく抱っこが好きだったのに、忙しいからと理由をつけて全然抱っこしてあげなかった私。私のことを好きでいてくれるのに、全然その好意に応えられなかった。
グーちゃんが死んで、初めてどんな気持ちで抱っこを待っていたか想像してみたんです。遅すぎでしょ、そんなの。思えば思うほど罪悪感が募り、何かで埋め合わせをしたいと思っていました。それからしばらく経ってイリヤと出会ったのですが、イリヤにはグーちゃんの穴は埋められない。出来る出来ないの問題じゃなくて、もう全く異質なものだし、そもそもイリヤに埋めてもらおうなんてムシがよすぎる。それに気付いたのはつい最近のこと。
のちくさんが仰るように、代わりなんて絶対に存在しない。みんなたった一頭しかいない、取替えのきかない存在なんですよね。

ヒバナくんとママ様の出会いは、シューくんからのサプライズだったのかも知れませんね。
理想的なママ様に会えてよかった。
幸せになるんだよ。

そしてハニたんの見上げた顔が、イリヤと似てる!おもちゃ見せるとこういう顔するんですよね。いたずらっこの顔とうちでは呼んでいます(笑)
うちのイリヤにもコートをわけてあげて・・
どうしてそんなにマッフマフなの?
食事?環境?遺伝?何が足りなくてイリヤは毛吹かなかったんだろうか・・・・
【2008/11/21 01:33】 URL | いりんぼ #-[ 編集]
ヒバナくんも卒業が決まったのですね。
運命の出会いかー... いいお母さんに出会えたんですね。
ワタクシも、ニコライくんともジョゼフィンちゃんとも、運命の出会いをしたと思っています。
にんげんが勝手に思っているだけかもしれませんが。
父を亡くした直後にペットショップで出会ったニコライくんは、
「にゃー、ぼくのおかーにゃんになってにゃー」と言っているように見えました。
ジョゼフィンちゃんは、ダーリンが一目で家族にすることを決めました。
しかも、神様からの御使いねこさんですもの♪ 
我が家に来てくれてほんとうにアリガトウ!という気持ちです。

ヒバナくん、のちくさんたちと過ごせるのもあと1か月ですね。
思い出をたくさんプレゼントしてあげてね。
元気に新しい家族のところへ旅立って下さい♪
【2008/11/22 09:40】 URL | Rucion #C8yVuyDQ[ 編集]
はい・・・そうですね。
ピーンときますね。気持ちが伝わってくる時は、言葉だけでなく何かを感じます。

我が家と会わないときは、無理をしては、子供達が幸せにはなれませんね。

あと、もう少し~~ヒバナ君を溺愛しておいて下さいね。ニケにも似ていますが、アルカ君のいいところも随分含まれている・・・そんな気がします。大人になるのが楽しみな子ですね。

さて~~もう少し~~~楽しみだね!!
エンジョイいましょ~~ね

風邪は治りましたか?
【2008/11/22 17:15】 URL | jj #po8b0ODQ[ 編集]
ほんとに別れは辛いもの、シュー君と血のつながりがあるヒバナちゃんで心の溝はうめられないですよね。私が先代猫とお別れした時、直ぐにジェニーがきましたが嬉しいのもあるけれど、心のみぞが埋まるまで結構時間がかかりました。代わりになんてならないんですね。
のちくさんのビビっと来た方にめぐり合えて良かったです。ヒバナちゃん、幸せに暮らせます。
来春には、又、仔ニャンの姿が見れますね。
先の早い話ですが楽しみです。
【2008/11/22 20:42】 URL | ハルミン #-[ 編集]
シュー君との別れは辛かったと思いますけど、虹の橋に行ってもシュー君は色々な事を教えてくれますね。シュー君の血がこの世に受け継がれている事、とても素敵だと思います。
ヒバナ君もちゃんと自分の運命を引き寄せたのですね。家族との出会いの話は、いつも運命的で、これからの幸せを約束してくれている様な気がします。のちくさんのビビッには間違いありません(*^_^*)
でもヒバナ君、素敵に成長してるから、確かにもったいないかも~(笑)
ハニー君、大きくなりましたね。ビックリしちゃいました!
改めて子猫の成長には驚かされました(゚_゚i)
しかもイケメンのモフモフ君じゃないですか~o(*≧▽≦*)o素敵!!
のちくさんの、もふもふもふもふもふもふ・・・。に笑ってしましました。
ハニー君の素敵な変身ぶりに、驚きと喜びがいっぱいですね(*´艸`)
【2008/11/24 09:42】 URL | Ranran #NCcnZXFM[ 編集]
縁とは不思議なもので、人の世でも突然繋がったり切れたりするものですし。
キャッテリーさんとパパママ様との間の縁は、運命の猫さんがちゃーんと引き合わせてくれるんですよね。
どなたかが仰ってたんですが、自分が一緒に暮らす猫さんやわんちゃん達も、前世から縁が結ばれているそうです。
だから運命のパパママ様は、きちんと来たるべくして来られたんだと思います。

最愛の家族を失った悲しみをうめるのは、どんなことがあってもできないとは思います。
でもこのように更新してくださって、ちょっとほっとしました。

ヒバナくん、卒業まであと1ヵ月を切ったでしょうか。
今年もぷくちくサンタは活躍ですね(^-^)
【2008/11/25 22:42】 URL | 明烏 #HfMzn2gY[ 編集]
もみちゃんの旅立ち、そしてシュー君の旅立ち、
ずっと読んでいたのにコメントを残せずスミマセンでした。
本当は何度もコメントを書きこんだのですが、なんだか自分の言葉はとても薄っぺらい気がして、結局送信できず、ポチ逃げを繰り返してしまいました。。。
シュー君、絶対幸せだったと思います!!
読んでるだけの私にも、のちくさんの思いは痛いほど伝わってきたのに、賢いニャンコちゃんが気づいていないハズはないです!!
そして優しいシュー君の血を受け継いだ子達が、色々な人に幸せをもたらしてくれてるって、とっても素敵な事ですよね☆
改めてブリーダーという人はスゴイんだって思いました。
シュー君の面影を残したヒバナ君、新しいお家でたくさんの幸せを振りまいてくれるでしょうね。
のちくさんがピタッ!とくるものを感じるくらい素敵なママさんの元へ行くことが決まって、私も本当に嬉しいです(*´ー`*)

ハニー君って…イバラ君!?
あわわわ…。子猫の成長は早いですね (*□*)ビックリ!!
絶対カッコイイ大人に成長するだろうとは思っていましたが
想像以上のいい男になって(笑)、惚れ惚れしてしまいました(*´艸`*)
【2008/11/25 23:34】 URL | くぅ。 #7yu2AX4I[ 編集]
suiさま***

お返事が遅くなってしまって申し訳ありませんでした、お祝い有難うございます。

ヒバナの赤い糸を掛け違う事がなくて、本当に良かったと心から思っています。
世の中の猫さんがみんなきちんと運命のご家族に出会う事ができればいいのにな、と思います。

suiさんとティム君のように、しっかりとした絆をこれからヒバナには紡いで行って欲しいな。

ママの王子様になれるよう、少し落ち着いてもらわなくちゃ(笑
両手で椎茸を盗んで行くんです、この子・・・。
【2008/12/01 11:52】 URL | のちく #-[ 編集]
いりんぼさま***

土曜日は遠い所まで会いにきてくれて本当に有難う!
想像していた通りの可愛らしい方で感動しました!

きっと動物と暮らした事のある人は、誰でも少しずつの後悔を胸にしまっていると思うのね。
まったく悔いの無い旅立ちや別れなんてないとおもう。
でもそれを抱えてもまた動物と暮らして、今度こそは悔いの無い暮らしを与えたい、味わいたい、
と思うのはとても素敵な事だと思う。

ぽっかりと開いた穴は、多分埋まる事は無いと思うけど、その痛みをきちんと抱えて、
新しいものを築いていく、というのはとても大事だよね。
取り替えのきかない、ということば、おっしゃる通りですね、胸にじ~~んときました。

ヒバナの紡いだ御縁、それを私に気付かせてくれたかな。

ハニたんのもっふり!!
凄いですよね、憧れます・・・!
遺伝や日頃の洗いこみもあるとは思うけど、一体何が違うのかな~~。
同じカップリングなのに、ハニたんはアンダーがとてもしっかりとしていて厚みのある
素晴らしいコートをしていました。
ギモくんのはママに似たのかもね<苦笑

jj様には『寒い所に置いときなさい!』って言われました、ははは。
北海道は部屋の中が暖かいからな~~。

今度は毛吹きについてゆっくりと語りましょう(笑
【2008/12/01 12:01】 URL | のちく #-[ 編集]
Rucionさま***

はい~~、御心配をおかけしておりましたが、おジイちゃんはちゃんと
孫猫の行方を考えていたのかもね。

そうなんです、出会いの形はそれぞれだけど、そこには必ず運命って存在すると思うのです。
中には幸せな結末を迎えない事もあるけれど、彼等との出会いはきっと私たちにとって
絶対大きな意味があると思うのです。

ニコライ君も、ジョゼちゃんも、小さな手っての先から伸びた、
赤い糸の先をしっかりと見つけていたんですね。
我が家に来てくれて有難う!って気持ち、とってもよく分かります。

ヒバナと過ごせる日も、一ヶ月をきりました。
毎日を大事に、幸せ伝え隊になれるように、沢山の愛情を彼に手渡したいと思います。
【2008/12/01 22:14】 URL | のちく #-[ 編集]
jj様***

本当に不思議ですね、最初はおそるおそるでしたが、今は何だか感じてしまいます。

少しでも納得出来ないとお譲りをちゅうちょしてしまうので、そのうち誰か残る恐れ大!!ですね(笑

風邪の方もご心配戴いて有難うございました、二日間、本当にお世話になりました!!
とってもとっても楽しかったです^-^
次はぜひぜひjj様の猫屋敷にお邪魔したいです~~!
有難うございました!
【2008/12/01 22:21】 URL | のちく #-[ 編集]
ハルミン様***

本当にお別れを思うと、新しい子をお迎えする事が怖くなる時がありますね。
でも、新たな出会いは、悲しみをうめてくれないけれど、新しい喜びを与えてくれますよね。
先代君も、ハルミンさんに沢山愛されてきっと幸せだったと思います。
心を傾けた分だけ、埋められない溝は深いですものね。

来春、柊の可愛い子達をまた見られる事、私もとても楽しみにしているのです♪
またお付き合い下さいね^-^
【2008/12/01 22:25】 URL | のちく #-[ 編集]
Ranranさま***

本当に、彼等は小さな体で沢山の事を私たちに伝えてくれますね。
彼等が教えてくれる事、忘れずに後の子達に伝えて行ければいいなと思います。

子供達と、運命のご家族との出会いは、私でさえ驚く時があります。
ゆっくりと、しっかりと彼等の声を聞けば、ちゃんと赤い糸の先を持った方に
出会えるんだと思わされています。
私のピピっにはきっと猫達からの指令が来てるんだと思いますよ(笑
ヒバナは本当に素敵なのです、このママ様じゃなかったらお譲りしていなかったと思います(苦笑

ハニたん、もうもうびっくりするくらい素敵になってました!!
もふもふは本当にすごくて、きっと記事のもふもふもふ・・・は
私の心の声が漏れ出たんだと思いますww

子供達の成長を見せて頂ける事に本当に感謝しています。
これはまさにブリーダーの醍醐味ですね!
【2008/12/01 22:33】 URL | のちく #-[ 編集]
明鳥さま***

そうですね~~、本当に不思議だと思います。
人のそれよりもとても強いものを感じる時もありますしね。

前世からの御縁・・・!
とても素敵ですね、お別れしてしまったシュー君も、私となにか御縁があったのかな。
そうだととても嬉しいです。

繁殖を手掛ける以上、必ず普通の猫ママよりも多くの別れを経験しなくてはならず、
またきっと普通に暮らすよりもずっとずっと彼等に我慢や不自由を強いる場面があると思います。
それでも辞められないのであれば、悲しむよりも、悔いるよりも、
彼等の残してくれたものをしっかりと次の世代へつなげて行く事を考えなくてはいけないと、
今回改めて思いました。
悲しんで、立ち止まっていては彼等が頑張ってくれたものが失われてしまうような気がして。


ヒバナ君、可愛いサンタになれるかな♪
卒業まで一ヶ月をきりました、1日1日を大事に過ごしたいと思います。

明鳥さん、いつも有難う^ ^
【2008/12/01 23:23】 URL | のちく #-[ 編集]
くぅ。さま***


コメント有難うございます。

私もお友達のにゃんこさんが旅立った記事を読むと、どんな言葉も
そぐわないような気がして書き込めない事があります。

だからくぅ。さんの気持ちが、とても伝わりました、本当に有難うね。

シュー君、幸せだって思ってくれた時間が少しでもあるといいな・・・。
動物に注ぐ愛情って、とても難しいんですよね、
彼等とお話ができたら本当にいいのになって思います。

ブリーダーは因果なものだと思います。
やってて思いますが、絶対に普通におうちで暮らす方が幸せだと判っているのに、
その子の子供が、その子の血がどうやって広がって行くのかどうしても見てみたくて
彼等を手元に残してしまいます。
でも、彼等に我慢や不自由をかけるからこそ、絶対に彼等の頑張りを
無駄にしては行けないんだと思いました。
私が心から大好きだったシュー君の欠片を持った子達が、
少しでも幸せを振りまいてくれると嬉しいです^ ^
ヒバナの卒業を喜んで下さって、本当に有難う。


ハニ君、とっても格好良くなってますよね!
卒業したこの素晴らしい成長ぶりに、いつも驚かされ、
また愛情をたくさん注いでくれているご家族に感謝せずにはおれません。
きっとキアラちゃんのママにゃんやパパにゃんも、くぅ。さんに有難うって思っていますよ。

いつも優しい言葉を、有難う。とても励まされています。
【2008/12/01 23:32】 URL | のちく #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

そまそま


北の国でソマリと言う猫の小さなキャッテリーを開いています。 たまに子猫が生まれて成長記録等を綴っています。 ソマリが好きな方や、ソマリって何?な方、是非遊びに来てね

プロフィール

のちく

Author:のちく
二十世紀最後の年に最愛のブランと出会い、
それからずっとソマリに夢中です。

ごくごく小規模ですが、
北海道の札幌でソマリ専門の
キャッテリーを開いてます。
たまに誕生するチビソマリを
ご紹介してみたり、
大人ニャン達の日常を
綴ったりしています。

ソマリが好きな方、
ソマリって何??な方、
お友達になって下さいね。


札健動セ登録第 552号
動物取扱責任者 N.TAKANO
事業所の名称 PUKU-CHIQ
事業所の所在地 SAPPORO City
取扱業種別   繁殖(販売)

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

Tree-LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。