スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
927
2007年8月28日。

夏の終わりに産まれた小さな命。
1日遅れの、柊から私への誕生日プレゼントだった。

5匹の兄弟で産まれて来て、あっという間に1ニャンだけ先に猫の国へ帰って
しまったけれど、残った4にゃんはそれからすくすくと育って行った。

でも秋になって、急に風邪をひいてしまって、特に君は一番症状が重くなって
長い間私と一緒に頑張ってくれた。

風邪の症状は良くなったけど、瞬膜が癒着したままになって、
足を骨折したりして、誰かにあなたを託す気にはなれなくて
あなたの一生を私の手元で見守ろうと思った。



でも、本当は、誰かあなたの運命の家族が何処かに待っていたのかもしれない。

ちょっと気が弱くて、神経質なあなたには、みんなで暮らす我家の生活は
負担だったのかもしれない。

小さな子供達が誕生すれば、私は彼等にかかりきりになるし、
みんながみんな、とっても仲良し、ってわけにはいかなかった。
小さな小競り合いは日々あって、帰宅した時に何だか険悪な雰囲気になっている
なんて日もあったりした。


ほんとうは、誰か君を、君だけを可愛がってくれる人がいたとしたら、
その人を、私は探すべきだったのだろうか。
気の強い子に追い回されたりして、棚の下に逃げ込んで出てこなかったあなた。

私と二人きりになったケージのトイレ掃除の時間だけは、
他の子が居なかったからずぅっと私の傍で甘えた声を出していたね。



君が産まれてから、927日。

まだたった927日。

今年の夏には3歳になるはずだった君。


3月10日、王雅君、棗君、はすねの兄妹のゆりねが2歳半の短い命を終えました。
急性膵臓炎、数年前、私が最愛のちくろ君を亡くした病気です。


彼女が生まれて、まだたった927日。

927日間しか、あなたと一緒には居る事ができなかった。

何もしてあげる事ができなかった。
幸せに、健やかに暮らさせてあげる事は出来なかった。


まだ君が私の所から去ってしまった事が信じられない。
ケージのトイレを掃除していたら、甘えた声で横に座っている気がして。


小さな時から、彼女の成長を見守っていてくれた方達へ。
ご報告が遅くなってしまってすいませんでした。

あの小さく可愛い姿を見る事がもうないのかと思うと、悲しくて、
悔しくて、自分が情けなくて誰にも話す気になれませんでした。

ブリーダーになんて、何の力もないんだよ。
命が尽きて行く彼女に何をしてあげれたというんだ。




彼女の闘病中、色々と助言下さり、励ましてくれたjj様、そして
大変なご尽力を戴いた獣医師の方々に心から感謝致します。


今はまだ、彼女に何を言えばいいかわかりませんが、もしも
次に生を受ける事が在るのならば、どうかどうか1日でも長く健やかに
生きて幸せを感じてくれる事を心から願います。


アンモナイトゆりね







にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ
スポンサーサイト

テーマ:*ソマリとの日々* - ジャンル:日記

【2009/03/19 00:11】 | 日々徒然 | コメント(10) |
<<ちびさん | ホーム | ひさびさのお出かけ。>>
コメント
あまりにも驚きすぎて
しばらくは、ただただ頭がぼーっとしてしまいました。
それから、ゆりねちゃんの、あの何ともいえない優しいお顔を思い出し
涙が止まりません....

ゆりねちゃんは、のちくさんとぷく丸さんの子として
旅立ちたかったんだと思います。
もし、お嫁に行っていたら
のちくさんは、ゆりねちゃんを失う悲しみと
ゆりねちゃんの短すぎた寿命を嘆くご家族の悲しみと
両方を背負ってしまうことになる...
きっと、ゆりねちゃんは、自分の寿命を知っていて
最後までのちくさんとぷく丸さんのもとで
娘として見送ってもらいたかったんじゃないでしょうか...。

ゆりねちゃんの、ちょっと控えめで
それでいて凛とした表情
はっちゅとアマアマしてる時の優しい表情
大好きでした
虹の橋に行っても、おばちゃんは、ゆりねちゃんのファンだからね。

ゆりねちゃんのご冥福を心からお祈りします。
そして、のちくさんとぷく丸さんの心が
虹の橋からそそがれる温かい光で包まれますように...。
【2009/03/19 16:44】 URL | りんぽぽ #kZeJSrnI[ 編集]
いのちってなぜ??
たくましい!その反対に、はかないのでしょうか・・・
初コメントですが、お気持ち察すると><

ゆりねちゃんのご冥福心からお祈りいたします。
のちくさんもはやく元気になりますように・・・
【2009/03/19 21:14】 URL | moe-moe #-[ 編集]
のちくさん。そんな悲しい事言わないで。ゆりねちゃんは、のちくさんと離れたくなかったから、ずっと側に居たかったから、運命の赤い糸をのちくさんにきつく結んだんだよ。ゆりねちゃんはきっと幸せだったと思うよ。短い命だったと思うかもしれないけど、だけど、とても濃厚な素晴らしい日々を過ごせたんじゃないでしょうか。

私は大事な3にゃんずがいます。のちくさんの気持ち痛いほど良くわかります。涙が止まりません。辛い出来事ではありますが、少しの間はいっぱい泣いて、ゆーっくり元気なのちくさんに戻ってくださいねo(^-^)o辛い痛みは我慢しちゃダメですよ(^_-)-☆
【2009/03/19 23:53】 URL | なっぴぃ #-[ 編集]
突然のことで驚きました。
心が締め付けられて、とても苦しいです。
のちくさんはもっと苦しい思いをされていますよね。
ごめんなさい。

Lilisと誕生日が近くて、一番身近に感じてた子達でした。
のちくさんからよくお写真や動画を頂きましたね。
ワイルドな顔立ちだけど、おっとりしていて可愛かったゆりねちゃん。
きっとみんなに「ありがとう」って言ってると思います。
賑やかにみんなで暮らした時間、幸せだったと思います。
のちくさん、ぷく丸さんもお辛いでしょうけれど、ゆりねちゃんが心配しちゃうから
早く元気になってくださいね。

ゆりねちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
【2009/03/20 00:20】 URL | mimo #vl0.ymII[ 編集]
言葉がありません。
残念です。
悲しみののちく様のお顔とご心を察すると心が痛みます。
ゆりね様、きっとあちらでのちく様のことを感謝していましょう。
早く元気になってくださいましな。
【2009/03/20 21:41】 URL | 侍従長 #qDfdtOiE[ 編集]
なんと言葉をかけて良いか、数日うろうろしながら悩んでいました。
お悔やみ申し上げます。
でも、ゆりねちゃんは幸せだったと思います。
ワタクシ、ねこさんは自分の居場所を自分で選ぶと思います。
だからゆりねちゃんも、のちくさんとぷく丸さんといっしょに、おうちに残りたかったんだと思います。
短いにゃん生は残念ですが、精一杯生きてくれたと思います。
これからは猫の国で、のちくさんの茶色いちゃん計画を見守ってくれるでしょう。
【2009/03/21 08:52】 URL | Rucion #C8yVuyDQ[ 編集]
ん。ゆりねちゃんも、のちくさんもぷくまるさんもお疲れ様でした。
とっても急なお話しだったけに、辛いですね。近くならもっと~~と思う事はありますが、お話しかきいてあげれなくて。
写真見たらアルちゃんに似てますね。
アルちゃんIBD克服した見たいだから、きっとゆりねちゃんの分まで頑張るだね。

きっとお腹の中にこっそりと入っていますよ!!
11匹の子猫パワー送ります=====ビーム!!v-19
【2009/03/21 10:01】 URL | jj #po8b0ODQ[ 編集]
お久しぶりです。
突然のことでビックリしました。
先月、動画で可愛い姿見せてくれたゆりねtyんが・・・・・・・
ゆりねちゃんは、のちくさんの側にいたかったんです、仔ニャンがいて忙しくても、のちくさんのそばが好きだったんです。短いにゃん生だったかもしれないけれどゆろねちゃんは、幸せだったと思います。
ほんと涙がでてきてしまいます。
のちくさん、元気出してくださいね。
天国でゆりねちゃんが泣かないでと言ってますよ。
【2009/03/21 17:12】 URL | ハルミン #-[ 編集]
何と言ったら良いのか。。。涙が止まりません。
ゆりねちゃん、頑張ったんですね。
私はブログを通してのお付き合いでしかありませんでしたが、
ゆりねちゃんの控え目で優しいところが、とても好きでした。
彼女の事は、ずっと忘れません。私の心の中にも生き続けて下さいね。
ゆりねちゃんは、最後までのちくさんの子供でいたかったんだと思います。
のちくさんを選んで生まれて来てくれたんですね。
だから色々な事があっても、短くても、幸せに満ちて逝った事でしょう。
虹の橋から温かくママを見守ってくれてますね。
今度、彼女に会える時は笑顔で会えますように。
のちくさん、元気出してくださいね。
【2009/03/23 23:52】 URL | Ranran #NCcnZXFM[ 編集]
***皆様へ***


長い間お返事をしておらず、大変申し訳ありませんでした。

ゆりねが旅立って一月が経ちました。

彼女が居なくなった事は、未だに実感としてリアルには感じられませんが
彼女のお皿を使わない事にもやっと慣れてきました。

ですがゆりねが旅立ってすぐに、去年の暮れに運命のご家族にお迎え戴いたヒバナ君が、
ゆりねを追いかける様に猫の国へ帰りました。
シュー君が旅立って以来、彼等の命の儚さに打ちのめされる日々が続いております。

悲しくて、悔しくて、自分の無力感に苛まされる毎日でしたが、
皆様の温かいコメントを何度も何度も読み返し、前を向かなくてはと勇気を戴きました。

彼等の命は、もろく、儚いものであることを痛感しつつ、私の出来る事は何なのかを
この頃は考え続けています。
彼等の命を繋ぐのであるならば、何か私に出来る事が在るはずだと。
答えは簡単に見つかるものではないとは思いますが、諦めずに自分の出来る事を
ひとつひとつ見つけて行こうと思っています。

沢山の励ましと、ゆりねへの哀悼の言葉を有難うございました。

ヒバナ君がゆりねを追いかけて旅立った日の夜、柊が新しい命を生み出しました。
続く命を強く、逞しい命に育てられる様に見守って頂ければ幸いです。

本来ならばお一人お一人に御礼とお返事を返さなければと思いましたが、
このような形になりました事をお許し下さいませ。
柊ベビーはまだまだ予断を許さない状況ですが落ち着きましたら
皆様にお披露目できればと思っております。

皆さんと、皆さんの猫さんが、これからも健やかに、幸せに暮らす事を願って!
【2009/04/15 11:57】 URL | のちく #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

そまそま


北の国でソマリと言う猫の小さなキャッテリーを開いています。 たまに子猫が生まれて成長記録等を綴っています。 ソマリが好きな方や、ソマリって何?な方、是非遊びに来てね

プロフィール

のちく

Author:のちく
二十世紀最後の年に最愛のブランと出会い、
それからずっとソマリに夢中です。

ごくごく小規模ですが、
北海道の札幌でソマリ専門の
キャッテリーを開いてます。
たまに誕生するチビソマリを
ご紹介してみたり、
大人ニャン達の日常を
綴ったりしています。

ソマリが好きな方、
ソマリって何??な方、
お友達になって下さいね。


札健動セ登録第 552号
動物取扱責任者 N.TAKANO
事業所の名称 PUKU-CHIQ
事業所の所在地 SAPPORO City
取扱業種別   繁殖(販売)

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

Tree-LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。